[本とか] 水の色 銀の月


水と銀」の新装版と書いてあったので、あらためて読みなおそうと購入。当時は連載で読んでてコミックスは買ってなかったし、ちょうどいいかな、と

どうやら「水と銀」が「水の色 銀の月」の 1 巻で、2 巻はその続きですね。なんで、水と銀持ってる人は 2 巻だけでよいです
で、今連載中の「夏の前日」も関連作品で、時系列は

「夏の前日」→「水と銀」→「水の色、銀の月」

ですね

世間に数多ある「学生恋愛モノ」ですが、この人の作品の特徴は、

  • 心象風景がちょっと気色悪い。特にエロ関係が気色悪い
  • でも、自分が学生の頃を振り返ると、同程度の気色悪さ

という感じなので、

  • まさに今、大学生の人
  • 気色悪かった若かりし自分を受け入れることができる 30〜40歳の人

にはおすすめ。自分をまっすぐ見つめるのが苦手な人には向きません

と書くと、ネガティブなイメージを与えるかもしれないけど、ワシは好きですよ
「二度と読まんなぁ」と思った作品や、途中で読むのがイヤになった作品について、わざわざサイトで書きません
ネガな言葉は「好きな作品だけど読む人を選ぶので、向いてない人が手にとってしまうのを防ぐために」くらいに思ってくだせえ

3 つの作品の中では「夏の前日」のアンニュイさが一番好きだけど、まだ連載中だし、感想は連載が終わった時に

( 2014-08-03 17:32:12 )

comments powered by Disqus

Recent Entries

Recent Photos

Recent Performances

Archives

Powered by Bootstrap, google-code-prettify, Git and Perl .
Copyright © 髭。 All Rights Reserved.